プロポーズにお花は必須!ドラマでもそうでしょ!?

プロポーズプレゼントの王道のひとつといえば、お花。
ただ実際にお花といっても、生花からプリザーブドフラワー、アーティシャルフラワー、造花などなどたくさんの種類があります。

 

そもそも我々男からすると・・・

  • 花の種類もよくわからん!
  • やっぱりバラがいいのか??
  • 花言葉は気にするのか??
  • プロポーズには生花がいいのか??それとも造花??(プリザーブドってなんぞや)
  • どうやって注文するの??

 

花を買って誰かにあげるなんてことを今までしたことが無い人ばかりですから、カオスになるのは当然です。しかも一生に1,2回ぐらいしかないであろうプロポーズというシチュエーション・・。

 

ここではプロポーズの際にプレゼントしたら喜ばれるおしゃれ感漂うフラワーギフトについて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

メリアルームメンの特徴

サプライズプロポーズのシチュエーションを想定して作られているもの、女性の好みのストライクゾーンのものなどなど・・。女性心理を考えて作られたスタイリッシュなプレゼントを多く扱うショップです。

価格 評価 備考
5,000〜円 評価5 5,000円〜100,000円以上まで幅広くラインナップ!

パティスリーフラワーの特徴

代官山にお店を構えるセレブ御用達のフラワーギフトショップ。女性が貰って絶対に喜ぶお花をメインとしたアイテムが豊富です。バラの花びらにメッセージやイニシャルをプリントできたりと世界に一つだけのフラワーギフトが人気です。

価格 評価 備考
5,000〜円 評価5 5,000円〜100,000円までフラワーギフトがメイン!

これを知ってるだけでモテる!フラワーギフトの種類とは??

生花

 

生のお花は何より生命を感じますし、花の香りがするのがポイントです。やはり生の花のインパクトは大きいといえます。
ただし、デメリットとしては手入れをしたり水をあげる必要があること。保存状態が悪いと枯れてしまうので、プレゼントを渡すときには暑さなども考慮しなくてはなりません。

 

プリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワーを完全な造花と思っている人が多いのですが、実際は生花を特殊な溶液で長期保存できるようにしたものです。完全な造花と生花の間といったところでしょうか。
生花のように水をあげたり手入れをする必要がないので、もらう側も贈る側も気を遣わずに楽しめるフラワーギフトです。プロポーズのプレゼントに花を贈る人が多いのもプリザーブドフラワーです。

 

アーティシャルフラワー

 

アーティシャルフラワーは造花です。素材がポリエステルやポリエチレンでできているので、耐久性はバツグン。ただやはり生花やプリザーブドのような花が発する自然なオーラがありません。
とはいえ、生花には表現できないようアーティスティックなものも作れるといったメリットがあります。

更新履歴